みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

WebpackでHot Module Replacementを使用する時のCPU使用率を改善する

Webpackを使ったウェブサイトの作成時にHot Module Replacementを使用するとnodeのCPU利用率が異常に高いので,原因を調べてみました.

環境

  • iMac late 2015
  • macOS High Sierra
  • node v9.2.0
  • webpack 3.8.1

watchするファイルが多すぎるのが原因

webpackを起動します.

webpack-dev-server --open --hot

f:id:atsuhiro-me:20180125211901p:plain

nodeのCPU使用率が32%もあります.よく見ると起動してから5秒であるにも関わらずUnix System Callsが2598288となっています.ファイルの監視に多大なリソースが使用されているのではと思い,/node_module/フォルダを無視する設定にしてみました.

Webpack公式ドキュメント*1を参考に以下の設定をwebpack.config.jsに追加しました.

  watchOptions: {
    aggregateTimeout: 300,
    ignored: /node_modules/
  }

この結果,nodeのCPU使用率は1%未満になりました.

f:id:atsuhiro-me:20180125212339p:plain

Unix System Callsは起動後30秒経っても405883 (先程の1/5以下) しかありません.

どうやら,約30000のファイルが存在する/node_module/フォルダの監視が大変だったようです.