みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

TeraStation TS-WX2.0TL/R1 のベンチマーク

TS-WX2.0TL/R1のベンチマークを測定してみた。

http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ts-wxl/spec.html

2つの1THDDを搭載し、RAID 0, 1に対応している。

ベンチマークソフト : CrystalDeskMark 3.0.1 x64

クライアントPCでCrystalDeskMarを起動し、windows7でネットワークディスクとしてマウントしたものを対象に実行した。

クライアントPC:Dell inspiron 13z

手近にあったあまり早くないPC代表。

  • CPU : Intel(R) Core(TM) i5-2450M 2.5GHz dual core HT
  • Mem : 4G
  • LAN : Gigabit Ethernet
  • OS : Windows 7 HomePremium

TeraStation RAID 1

f:id:atsuhiro-me:20151103003129p:plain

TeraStation RAID 0

f:id:atsuhiro-me:20151103003130p:plain

やっぱりRAID 0の方が早い。

クライアントPC : Epson Endeavor

手近にあった最新のPC代表。

CPU : Intel(R) Core(TM) i7-3770 3.4GHz quad core HT\ Mem : 8G\ LAN : Gigabit Ethernet\ OS : Windows 7 Professional

TeraStation RAID 0

f:id:atsuhiro-me:20151103003133p:plain

クライアントの性能が高い方が速度は早くなるが、その差はあまりない。

クライアントPC : Epson EndeavorとDell inspiron 13z

2台のクライアントPCから同時にベンチマークを実行したときのEpson Endeavorでの結果。Dellでも似たような数字が出た。

f:id:atsuhiro-me:20151103003135p:plain

Seq Readでは46.65MB/sで、2台合計では約90MB/sつまり720Mbpsとなっている。LANの規格上の上限が1Gbpsなので7割の実力を出せているということである。

これらのデータを参考に、NASの必要スペックを考えていきたい。

(2012.7.11)