みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

Google SitesにProcessing Appletをさくっと埋め込む

 

Processing Appletの埋め込み方ということで紹介していますが、本質はJava Appletなので、Javaも同様の方法で埋め込めます。

Processingで、Appletをエクスポートします。すると、

  • index.html
  • <name>.jar
  • <name>.java
  • <name>.pde
  • loading.gif

というファイルが作成されます。これのうち、.jarファイルをページにアップロードします。そして以下のコードをhtmlエディタにペーストします。

<object classid="java:{class name}.class" 
                  type="application/x-java-applet"
                  archive="{jar URL}.jar"
                  width="1000" height="800"
                  standby="Loading Processing software...">

{class name}

  • jarを実行する時に呼び出すclassファイル。

{jar URL}

  • jarファイルのURL。相対パスではダメで、http://...からきちんと指定する必要あり。

以上で完了です。