読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

Drupalのmoduleを作成する時のメモ

Drupal

Drupalで自分用にモジュールを作成した時のメモ.

基本的にはDrupalのサイトのCreating modules - a tutorial: Drupal 7.x を参考にする.以下で,[module]はモジュール名である.

以下のファイルを用意する.

  • [module].module : モジュールのメインのphpファイル.
  • [module].install : インストールするphpファイル
  • [module].info : モジュールの情報(バージョンとか依存関係とか)のテキストファイル

これを[module]というフォルダーに入れて,/sites/all/module/にアップロードすると,DrupalサイトにてModulesタブの中に自分のモジュールが表示されるので,有効にする.

サイトが真っ白になったら,慌てず騒がず,アップロードしたフォルダーを削除する.そしてブラウザでリロードすれば元通りになる.この時のエラーはnginxのエラーログ(/var/log/nginx/www.log など)に出力される.

Drupalではhookという方法で機能を拡張していくらしく,例えばhook_help()という関数をhookするには,[module].module内で

function [module]_help() {
}

を宣言すればよい.つまり,hookという文字列を自分のモジュール名に変更した関数を作る.

とりあえずこんなので簡単なモジュールは作れるみたい.意外に簡単だ.