読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

Macの内蔵HDDを無効化する

iMac 2011

先日の記事にて,iMac 2011にSSDを追加しました.

iMac 2011にSSDを増設して幸せになった - みーのぺーじ

元からある内蔵HDDを取り外すのが面倒なのでそのままにしているのですが,同等の容量があるSSDがあるために内蔵HDDの使いみちがなく,起動してもただモーター音を出すだけの部品になっていました.

これをOS的に無効化しようと試行錯誤しましたが,あまりよい解決方法がないので,起動時にejectして,Macの省電力設定を利用して内蔵HDDの電源を落とすようにすることにしました.

内蔵HDDをejectするアプリを作成する

Automator.appを利用して,簡単に作成します.新規アプリケーションを作成を選択して,以下のように,指定したフォルダーに内蔵HDDを指定して,Eject Diskを続けます.

f:id:atsuhiro-me:20160331190211p:plain

スタートアップに登録

これを/Applicationsに保存し,環境設定から,スタートアップに登録します.

f:id:atsuhiro-me:20160331190355p:plain

Energy SavorでHDDを省電力設定

以下のようにHDDを省電力な設定にします.

f:id:atsuhiro-me:20160331190430p:plain

こうすることで,起動した時に自動的に内蔵HDDがEjectされて,省電力設定からOS X が自動的に内蔵HDDの電源を切ってくれます.

これでみーのiMacがほとんど無音になりました.よかった.