読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

PageSpeed Insights で Drupalのサイトを最適化する

Google PageSpeed Insights では、ウェブページの読み込みを短くするための提案をしてくれます。これにしたがって、Drupalのサイトのパフォーマンスを最適化する方法をまとめておきます。

PageSpeed Insightsを使う

PageSpeed Insights にアクセスして、テストをしたいURLを入力し、分析します。

みーのぺーじ最適化前

以下のような結果となりました。

  • deflateをONにしよう
  • レンダリングをブロックしているJavaScriptとCSSを排除しよう
  • JavaScriptを縮小しよう 

f:id:atsuhiro-me:20151103003731p:plain

最適化の方法

deflateを有効にする

.htaccessに以下の行を追加します。

<IfModule mod_deflate.c>
<FilesMatch ".(js|css|html|php|txt)$">
SetOutputFilter DEFLATE
</FilesMatch>
</IfModule>  

サーバーでmod_deflateが使用できることが前提条件です。Minibirdは使えるようです。

ブラウザキャッシュを有効にする

<ifmodule mod_expires.c>
<Filesmatch "\.(png|js|css|ico)$">
ExpiresActive on
ExpiresDefault "access plus 2 days"
</Filesmatch>
</ifmodule>

mod_expiresが使用できることが前提条件です。Minibirdは使えるようです。

Cache と Aggregate を有効にする

Drupalの管理画面にて、Performanceを開き、CachingとBandwidth Optimizationを有効にします。初期設定では下の画像のように全て無効になっています。

f:id:atsuhiro-me:20151103003735p:plain

これを有効にしていきます。

f:id:atsuhiro-me:20151103003737p:plain

Cacheを有効にすれば、データベースへの問い合わせやBlockをいちいち生成する手間が省けるので、ロードが早くなるみたいです。

AggregateがONになっていると、複数のJavaScriptやCSSを一緒にして最適化してくれます。ブラウザが読み込むファイル数が減るので、ロードが早くなるようです。

みーのぺーじ最適化後

以下のように、いい感じの評価になりました。実際にサイトにアクセスしても、体感できるほどロードが早くなった気がします。PageSpeed Insightsは便利なツールです。

f:id:atsuhiro-me:20151103003740p:plain