読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

Unityで使える便利なメンバ変数名一覧

Unity

Unityで使える便利なベンバ変数をまとめてみました。

Unityで作成するクラスはMonoBehaviourを継承しているので、MonoBehaviourの変数がまず使えます。この変数をもとに、別のクラスのメンバ変数へアクセスすることで、ほとんどのComponentにアクセスすることが可能です。

表記はBoo言語です。

GameObjectの状態

  • enabled as bool : GameObjectが有効な場合は、Update()が呼ばれる
  • hideFlags

GameObjectに付属するComponentとその属性

transform

  • transform.position as Vector3
  • transform.localPosition as Vector3
  • transform.rotation as Quaternion
  • transform.localScale as Vector3
  • transform.parent as Transform
  • transform.root as Transform

rigidbody

  • rigidbody.velocity as Vector3
  • rigidbody.drag as single
  • rigidbody.mass as single
  • rigidbody.useGravity as bool
  • rigidbody.isKinematic as bool

camera

  • camera.main as Camera (MainCameraとタグされたオブジェクトが返される)
  • camera.current as Camera

light

animation

constantForce

renderer

  • renderer.material as Material
  • renderer.isVisible as bool

audio

guiText

networkView

guiTexture

collider

hingeJoint

particleEmitter

particleSystem

gameObject

tag

name

もちろん、GameObject.GetComponent()を使ってもよいのですが、みーの趣味的には、参照型変数を使った方がいいかなと思っています。

(2012.12.30)