読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

Google SitesにUnity Playerを埋め込む

Google Sites

注;Unity 4になって、WebPlayer用にビルドしたhtmlが少し変更になったようなので、更新した。

Unity Playerとは、Unityをブラウザ上で実行するためのプラグインである。javasprictが禁止されているGoogle Sitesでは、ガジェットという形で埋めこまなければいけないが、いたって簡単である。

作成したプロジェクトをWebPlayer用にビルドする。すると、unity3dファイルとhtmlファイルが生成される。

unity3dファイル(.unity3d)をGoogle Sitesの任意のページにアップロードする。

次に以下のようなXMLファイルを作成(unityplayer.xmlなど)する。生成されたhtmlファイルの内容が太文字の部分で、これを<![CDATA[ ]]>で挟めばよい。オレンジ色のurlの部分を、.unity3dファイルの絶対url(http://からはじめる)に書き換えること。

このxmlファイルを同じページにアップロードする。

<Module>
<ModulePrefs title="Unity Player" title_url="" height="###" width="###" author="###" author_email="###" description="###"/>
<Content type="html">
<![CDATA[

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
...(省略)...
u.initPlugin(jQuery("#unityPlayer")[0], "<url/file.unity3d>");

...(省略)...
</body>
</html>

]]>
</Content>
</Module></div>

以上で完了である。

2012.12.17