みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

Create a Certificate

OS Xをインストール後、最初の1回だけ実行すること。

Keychain Accessにて

Certificate Assistant > Create a Certificate

f:id:atsuhiro-me:20151101232532p:plain

Nameを適宜(iOS Developerなど)、Identity TypeをSelf Signed Root、Certificate TypeをCode Sigingにし、Let me override defaultsを有効にする。

f:id:atsuhiro-me:20151101232536p:plain

Serial Numberを5963などと覚えやすい番号に設定し、Validity Periodは365日ぐらいにする。

f:id:atsuhiro-me:20151101232539p:plain

長々と聞かれるが、すべてContinueとすればよい。Conclusionまでたどり着いたらさらっと内容を確認してDone.

f:id:atsuhiro-me:20151101232540p:plain

以上の作業は最後にappファイルに認証を加えるために必要なものであるから、これを行うのは1度だけでよい。

XCodeのSKDSettings.plistを変更

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/SDKs/iPhoneOS5.1.sdk/SDKSettings.plistをデスクトップなどにコピーする。

f:id:atsuhiro-me:20151101232543p:plain

デスクトップにコピーしたら、安全のため、デスクトップのSDKSettings.plistを複製して、SDKSettings.plist.originalなどと命名する。こうすれば問題が起こった時にもとに戻すことが可能である。TimeMachineから復元することも可能であろうから、自分のやりやすい方法でやる。SDKSettingsを開いて、Root/DefaultProperties>CODE_SIGNING_REQUIREDをYESからNOに変更する。

f:id:atsuhiro-me:20151101232547p:plain

編集したSDKSettings.plistをもとのファイルに上書き保存する。「ほんまにいいねんな?」としつこく尋ねられるので、いいよと答える。

f:id:atsuhiro-me:20151101232549p:plain

もちろんこの作業もはじめの1回目だけでよい。XCodeを再インストールなどした時にはもう一度行う必要がある。