読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーのぺーじ

みーが趣味でやっているPCやソフトウェアについて.Unity, Python, Processingなどのプログラミングや,脱獄, hackintoshなど

トップ / 記事一覧 / カテゴリ

Google SitesにJava Appletをさくっと埋め込む

Java Appletを作成する

例えば以下のようなJava Applet "example" を作成する。"Java Applet"という文字列を移動させるアニメーションである。

import java.applet.Applet;
import java.awt.*;
import java.awt.event.*;
public class example extends Applet implements Runnable {
    private int count=0;
    public void init() {
        setBackground(Color.white);
    }
    public void start(){
        (new Thread(this)).start();
    }
    public void paint(Graphics g) {
        if (count<10) {
            g.drawString("Java Applet",40,40);
        } else if (count<20){
            g.drawString("Java Applet",80,40);
        } else if (count<30){
            g.drawString("Java Applet",120,40);
        } else {
            count=0;
        }
        count++;
    }
    public void run(){
        while(true) {
            repaint();
            try {
                Thread.sleep(100);
            } catch (InterruptedException e) {}
        } 
    }}

以下のコマンドをターミナルにて実行してコンパイルします。

javac example.java

以下のコマンドでjarファイルを作成します。

jar cf example.jar \*.class

.jarファイルをページにアップロードします。そしてhtmlエディタを開いて、以下を追加します。

<object classid="java:**{class name}**.class"
                  type="application/x-java-applet"
                  archive="{jar URL}.jar"
                  width="640" height="480" >

{class name}

  • jarを実行する時に呼び出すclassファイル。今の場合ならexample.classとなる。

{jar URL}

  • jarファイルのURL。相対パスではダメで、http://...からきちんと指定する必要あり。

以上で完了です。example.jarを以下に埋め込んでありますので、参考にしてください。